多分すぐ飽きる

どうせじき飽きるので、適当なことを書いています。

好きな人

好きな人の基準というのはどこにあるのだろうか。深く考えたことはなかったのだけれど、なんとなく「その人に対して悪口をよく言うかどうか」というのがポイントになるんじゃないかと思った。

 

僕は救いようのないクズなので、よく人の悪口を言う。好きなのだ。「あいつクズじゃん」とか言って人と笑い合うのが好きなのだ。自分もクズなのに。でも悪口を言う対象っていうのはそんなに多岐に渡ることはなくて、結構特定の人だったりする。例えばそいつの悪口を言ってれば面白いとか、周りもだいたいそいつの悪口で酒を飲んでいたりだとか。救いようがマジでないですが許してください。真性のクズが書いたブログを読んでくれてありがとう。

 

逆に「こいつの悪口は全然言わないな」って人もいる。そいつの悪口を考えてみても、出てこないのだ。本当にでてこない。いいやつってわけでもないんだけど、それでもやっぱりでてこない。日頃から「悪口で酒が飲みたい」と公言している自分がこんなことになるのだから、本当に悪い奴じゃないんだろう。

 

一般論としてよく言われることに「負の感情には嘘偽りがない」というものがある。一般論という言い方をしたけれど、まぁ大体の物語にはこんなことを言うニヒルな奴がいるよね。これについて僕は全面的な同意をしている。だって嫌いな人に「好き」って言うもん。ブスに「かわいいね」っていうでしょ。そんで影で「あのブスマジで嫌い」っていうわけですよ、日本人は本当に素晴らしい配慮を身につけた種族だなぁと思います。その点負の感情は偽る必要がなくて、「嫌い」なもんは「嫌い」なわけです。嫌いなもんまみれの人はなんか正直な感じがしていいです。僕は言うほど嫌いなものがないので、薄っぺらい感じがします。

 

ってことは、嘘偽りを排した正直な行為である「悪口」の対象にならない人ってのはその時点で僕にとって「好きな人」なんじゃないかと。別に悪口を言うから「嫌いな人」ってわけじゃないですけど、少なくともこのラインをクリアしておきながら「こいつきらいだな」ってはならないわけで。そういう奴は大事にしなきゃいけないなぁって今思った次第です。

 

どーせ僕は人に死ぬほど悪口を言われている人間なので、開き直って永遠に影口を言い続けてやろうと思います。嫌いな人がみんな死んで、そいつの金が僕の口座に入ってくれないもかしら。

お題スロットのお時間です part3

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

確かこれ使うの三回目だと思う。ネタが無いなら書くなよというお声はガン無視して自分語りをするぞ。

 

一人の時間の使い方はまぁ状況によりけりで、自宅でいるときは大体ゲームしてるかYouTube見てるかです。クズみたいですね。たまーにSSとか書いてますけど最近は本当に書いてない。書かないと行けないのは分かってるんですよ。最近シンステの申込みも始まったらしいですし。いや本当に焦って書かなきゃまずいんですよ。ネタがマジでない。大焦りです。続きの構想もはっきり言ってないです。やばい。

 

自宅以外のときは大体大学にいるときですけど、基本はパソコンルームでダラダラしてるだけですかね。授業で使うとき以外は自由に使っていいパソコンルームがあるんですけど、普通に使い勝手がいいので使ってます。ゲームとかSS書くとかに使ってます。去年か一昨年くらいに大学中のMacを新品に買い替えた、みたいな噂が流れてるんですけどそんなことよりも金使わなきゃいけないことあんだろそんなにキレイになった気もしませんしね。もし買い替えていたとしてもその買い替えたパソコンで職員がエロ動画死ぬほど見てたってことになるからもう救いようがない。調べたら多分記事出ますよ。最近のやつです。

 

だいぶお題からそれましたが要は僕はひとりのときにゲームかパソコンしか触ってないゴミ学生ってことですね。だいぶ僕も救いようのない人間だった。

 

もうちょい勉強するようにします。

初めて告った女が夢に出てから体調が悪い

初恋の女子には小5のときに告白ドッキリを仕掛けられた上にフラれました。好きという感情がやけに出てきていたらしい。今思えばクソ地獄じゃんね。

 

なんかそいつが昨日夢に出てきた。別にフラれてから関係が悪くなったわけでもなくむしろそれからいっしょに学校に行くようになったくらい仲良くなったんだけど、夢に出てきたときに「うぇ」って思った。明晰夢的なやつだったのかな。普通に現実世界の俺が「うぇ」って思った。

 

中学時代一番仲良かった女子が誰だったかって聞かれると間違いなくそいつで、でもそいつは普通に彼氏と2年くらい付き合ってたしその彼氏は同じ野球部の超主力だしそいつからは頻繁に「この間あいつとヤったんだけどさー」みたいな話を聞かされるし、いやこうして文字に起こすと俺の中学時代めちゃくちゃおもろいな。中学時代の記憶とか同級生と一緒に爆発四散して消え失せてしまえばいいのになぁって思ってたんですけど、2ミリくらいはいいとこもある。

 

なんせその女とも男とも仲は良かった方なんですけど、そいつが夢に出てから体調が悪い。少し吐き気があって頭が痛いんですよね。なんでなんだろ。酒とか飲んでなかったんだけど。俺の身体が中学時代を思い出すことを拒絶してるように思えて仕方ない。やっぱ中学はクソです。

ミュウ捕まえた

f:id:tabunsuguakiru:20181104170956p:image

やったー!

 

ちゃんとやってるんですよねポケGO。デレステは全くログインしてないですけどポケGOについてはここ数ヶ月くらい毎日ポケモン捕まえてる。

 

なんか復帰したときにミッションって機能が追加されてて、その中にミュウを捕まえるミッションがあったんですよ。んでまあそのミッションが多いしめんどくさいしですごい大変で。ミュウ捕まえるまでめちゃくちゃめんどくさい道のりだったよ。コイキングギャラドスに進化させるってミッションが一番しんどかった。コイキング死ぬほど捕まえましたもん。2、3ヶ月くらいやってたんじゃないかな。

 

f:id:tabunsuguakiru:20181104171521p:image

f:id:tabunsuguakiru:20181104171500p:image

 

かわいい〜。

 

次はセレビィ捕まえたときにでも報告します。ミカルゲのミッションはもうクリアしました。

飲み会

今日は飲み会でした。一次会で2回吐きました。楽しかったです。

 

飲ませてくる先輩と同じテーブルだったのがまずかった。まぁその先輩はめちゃくちゃおもしろくて僕は大好きなので、すごい楽しかったです。

 

そんなに酒が弱くない自負があったんですけど、まぁめちゃくちゃ気持ち悪くなりました。あんまり調子に乗るのもよくないですね。2回ともちゃんとトイレまで行って吐けたのでそれはまぁ良かったんですが。まぁ吐かないのが一番いいんですけどね。

 

酒を飲んでゲラゲラ笑っているうちは何も考えなくてよくてすごく幸せなんですよね。ちょっと酔いが冷めたりなんかして、すこーしだけ冷静になったときが一番しんどい。色々考えてしまいますからね。今がまさにそのときなんですけど。あんまり救いようがないですねあっはっは。

 

明日朝から部活があるらしいんですけど、ぶっちゃけ起きられるかどうか本当に分かりません。頑張ってはみるけどダメだったら普通に謝ろう。

 

 

父が母にキレたらしい。それも死ぬほどどうでもいいことで。

 

まぁ父にも色々不満があったらしいんだけど、正直それも死ぬほどどうでもいいことなんだよな。母がどっちかと言うと悲しそうな顔でそのことを教えてくれて、こっちもかなり悲しかった。

 

前書いたと思うんだけど、結構僕は父のことを好いている。それはなぜかって言うと、父がすごい優しい人間だったから。まぁ乱暴なとことかもあったけど、それはそれで理由があったりして、「この人はなんかすごいなあ」程度で受け入れられるもんだった。

 

でも今回、酒に酔った父は母に対して大声で怒鳴り散らして、机もバンバン叩いて、とにかく母を精神的に負かそうとしていたらしい。夫婦喧嘩というものを僕は見たことがなかったしこの両親に夫婦喧嘩があることをあんまり想像してこなかったのだけれど、恐ろしい父の激高が母に向いたという事実は正直めちゃくちゃショックで、僕はしばらくものが言えなかった。

 

理由はまぁ本当にどうでもいいんだけど、父としてはあんまり働いていない母が自分の仕事中に息子や娘の部活の試合を見に行くのが気に食わなかったのだそうだ。でも母は家事とかちゃんとやってるし、父もそこは流石に認めてる(らしい)。それに父も仕事が休みの日に息子娘の部活の大会に足を運ぶのかと言われるとそうでもないらしいし、完全に論が狂ってしまっている。呆れたし、理由が完全にこっちを言い訳にした弱々しいものだったことにも心底驚いた。父はそんなに、弱っちい生き物だったのか。

 

父の言い分はひどく惨めで、母は相変わらずちゃんと強かったから、父の激高に対してそれなりに対処できたらしい。母が強い女性で本当に良かった。マザコンとかではなく、僕はちゃんと母を尊敬している。

 

母曰く、「あの人は自分に自信がないんだろうか」と。子に慕われていないのではないか、家内に愛想を尽かされているのではないか、自分はこのまま、働き続けて終わってしまうのではないか。すべて僕と母の想像ではあるけれど、こんなに父が暴れ狂った理由には、きっとこの自信のなさが現れているところがあると思う。

 

そして二人して「そんなわけないだろう」と言ったわけである。子を三人も大学に行かせ、一人は立派に職を得ているというのに。家族を安心させ、きちんとした人間に育て、ここまで生活をさせてくれているというのに、どうして不安になるんだ、と。感謝も尊敬も、欠かしたことはない。じゃなきゃ毎晩毎晩、職場の愚痴を聞かされながらも素知らぬ顔で晩ごはんが食べられるわけがない。

 

父はすごい人で、僕はその背中を見てここまで育ったわけだ。多分僕は父のような人にはなれないけれど、父の背中を見てなりたい人物の輪郭くらいは掴んでいるんだ。

 

だからどうか、酒を飲んで母にやり場のない怒りをぶつけるような人にはならないでほしかった。母が車の中で、少し泣きながら「ちょっと残念やったわ」なんて言ってるのを知っているのは僕だけなんだから。「俺の両親は仲がいいんだ」って神話が崩れ去る悲しみを、アンタは一生かけてもきっと理解できないだろう。だからどうか、自分に自信を持って、もっと心にゆとりを持って欲しいと思う。僕が「この父の血が入っている以上結婚は絶対にできないと思うししたくないと思う」と母に溢したこと、後悔させてほしい。こんなところで書いているから絶対に父には届かないんだけれど、ていうか届いてしまうと色々まずいんだけど、僕は言霊を信じているので、電子の渦に乗った言霊が父の心を揺さぶってくれることを祈るばかりである。

 

話がごちゃごちゃだし言いたいこともよくわからないだろうしそもそも気持ちが行ったり来たりしている気がするけれど、そもそも家族に対する思いが代わり映えのしない無味乾燥なものの訳がない。色んなことを思いながら僕は家族を頭の中で更新していくし、こんな形ではあるけれど自分の思いをまとめることで少しでも僕が前に進めれば、何かを変える力が得られるかもしれない、と思う。意志の力は無限大だ、特に家族間の問題では。

 

僕たち子供のせいで親がこんなことになっていて、結構負い目も感じているからね。ここまで父が弱いとは、思っていなかった。誤算です。大誤算。母が壊れてしまう前に、何とかしてあげたい。

 

多分僕もおんなじ道を辿りそうなので、結婚は無理ですね。

また首が

どうして!? あなたとはもう別れたはずじゃない! お互い納得して! 「もう二度と会わない」って、そう言ったじゃないあなた!

 

そんなこと知るかよ。会いたくなったから、また来ただけだ。

 

 

 

 

 

首のダルさが……また……来やがった……(冒頭の謎茶番から目を逸らしつつ)。

 

最近ネックガード着けてなかったとはいえ、いくらなんでも再発が早すぎる。もう解き放たれたと思ったのに。俺は一生こいつと戦っていかなきゃならんのか? そんなん嫌だ、首なんていらねえ!(ネックガードを巻きつつ)

 

まぁ思い当たる節はないこともないって言うか、この前トートバッグ買ったんですよ。リュックで行くのもいい加減飽きてきたというか、そんな荷物があるわけでもないのでそろそろトートバッグでいっか、みたいな気分になったんですよね。アマゾンで適当に探してたら柴犬のイラストが入っためっちゃありがちなトートバッグがあったので、即購入してやりました。

 

で、多分慣れないトートバッグ生活のせいで、肩とかに負荷がかかったんだと思うんですよね。そんな荷物がないと思って買ってから、やたらと荷物が増えたっていうあまりにもフラグすぎる展開を迎えてしまったこともその負荷を強めている気がする。

 

まーとりあえずまたしばらくネックガードさんのお世話になる日々が続くわけですね。まぁこれの着け心地は全然悪くないので、むしろネックガードを着ける機会をくれた首のコリに感謝ですね。うっせえ何が感謝じゃボケ。こちとら指先まで痺れきとるんやぞクソが。