多分すぐ飽きる

多分すぐ飽きます

飽きてきた

いやー、飽きました。

 

 

 

友人がライブのレポブログを書いているのを見るたびに「あー最近ブログ更新してねーなー」という気持ちになります。

とはいえ気持ちになるだけで実際は更新しません。だって大して書くことないもんね。

 

そして大学の授業の予習とかレジュメの準備とかに追われた結果、このブログの存在を忘れるまでいきました。飽きるどころの騒ぎではありませんでした。

 

だからですね、なぜ飽きたか考えました。 

まずは先述したとおり多忙&書くことのない薄っぺらい生活というのが挙げられます。書くことがないと本当にしょうがない。今頭の中にあるのって教官殺したいってのと大学滅ぼしたいってのくらいしかないもの。そんなの書いてもどうしようもないしねぇ。

 

そして二つ目、というか今回のメーンテーマなんですけど、「自分の過去作のレビューがクソキツい」です。

分かるか?書き始めて一年も経ってないのに60作もショートショートをぶん投げてるんだぞ、自分でもわけが分からない!振り返って傷をえぐることがこんなにキツいなんて……一年前ならまだマシだと思ってたけどキツい……。

 

週一ペースで上げてることになるんですかね、なんなら六日に一回とかのペースか、アホじゃないか、って話です。自分が書きたくて書いてるからまぁいいんですけど、冷静に振り返るとヤバいです。でもお題箱にお題めっちゃ入ってるからまだ書きたいし、要は僕がバカなんですよ。レビューより早いペースで生み出してるんじゃないかこれ。バカなんですよ……。

 

 

でですね、じゃあどうするのかって話なんですけど、私気付いたんです。

 

「訂正して上げちゃえば良いのでは?」

 

これです。画期的です。訂正版をあげる形をとれば普通にいい感じのモチベーションで書けるのでは?と。

これなら恐らくキツくはないですね、あと普通に楽しみ。

 

ということでですね、これからはこの作業をぱーっとやろうかなと思います。まぁ大して訂正しないやつもあるでしょうけど、のんびり楽しくやろうかなと思います。

 

ではでは。