多分すぐ飽きる

多分すぐ飽きます

バイトを辞めたくて泣いた

人のブログのいいところは、人の闇をお手軽に覗けるところだと思う。でも深淵もまたこちらを覗いていて、自分がブログを書くと闇ばっかり出てくるんだよな。

どうも、お久しぶりです。飽きというのはネクストステージに「忘却」が用意されておりまして、すっかりこのブログの存在をわすれておりました。

久々にバイト先でキッツいことがあって、バイト先でうわどうしよ泣きそうってなってるまま家に着いて、その途端ぶわああああっと泣きました。クソみたいなことでクソみたいに泣いてめちゃくちゃ恥ずかしいし、これをTwitterに書くのもアレだし、じゃあどうしようってときにこのブログの存在に気付きました。これがなかったら死んでたと思います。

 

事件は今日のバイト終わり、授業が全部終わって生徒を見送るタイミングでした。

今日で塾を辞める子がいたんですよ。なんか違う塾に移るらしいです。

んでその移る塾が結構レベルが高いところで、そっちで頑張るんやなぁって言ったらなんかその子の反応が薄い。なんか自分の意思で行ってる感じがあんまりしなかったんですよね。まぁその辺の真偽は確定しなかったんですけど、別に問題は移る移らないじゃなくて。

その子、あんまりやる気がない子だったんですよ。だから別にどこ行っても多分成績は変わらんのだろうなーとか思いながら授業してたんですけど、ふいに「塾の先生ってみんな見下してるよな」と言われまして。はぁ?  と。

 

君が見下されてるように感じているのは、君がしようとしてないからですよね?  しようとしてないからできてないですよね?  だからこっちは教えてるんですよね?  それを君は無様な劣等感に苛まれて、自己防衛本能が我々の塾講師としての職務を「見下し」と判断したんですよね?  

 

なんてことは言いませんでした。まぁそりゃ言ったら多方面からブチ殺されるもんな。そんなことになったら辞めさせられてしまうもんね。だから笑って「そうやなー」と言いました。奥歯を噛み締めながら。

という過去がある子が塾を今日で辞めるんですけど、帰るときにですね、先輩がその子にプレゼントを渡したんですよ。「今までお疲れ様」って言って。文具店で買ったオシャレな文具をオシャレに梱包して。その子めっちゃ喜んでましたよ。写真とかも撮ってました。

それ見てなんかすごい自分の矮小さを感じまくって、僕は吐きそうになりました。だってその子が塾辞めるって聞いたとき、僕は「やる気がないならどこいったところで何も変わらんぞ」とかめちゃくちゃ上から目線で物を言ったんですもん。マジでそのときに自分が如何に終わってるかを感じて、めまいを覚えて吐きそうになりました。

その徳が高い先輩、なんか他の子の誕生日にもプレゼントあげてるらしいんですよ。どっかで買ったやつ。もう意味がわからない。どうしてたかがバイトでそんなことができるんだろうなぁって思って、今度はめちゃくちゃ泣きそうになりました。

だから写真とか撮ってる空気の中を、挨拶もせず無言で立ち去りました。ダッシュで家に帰って、着いた瞬間ボロボロ泣きました。という経緯です。時系列とかめちゃくちゃですけど独り言だから許してください。

 

僕は多分、さっさとこの塾をやめると思います。そして教師になる夢もさっさと捨てるんじゃないかな、と思いました。

自分があまりにも小さすぎて、ほんとに「終わってる」んですよね。人間ができてない。薄っぺらな関係しか築けない。死んでやり直したほうがまだマシな気がしてきました。

 

もうイヤだこんな人生。誰か慰めてくれ。